現金化は違法では無くとも不法になる?クレジットカードの現金化は100%安全ではない

クレジットカードの現金化は現在の法律では取締りがされていないため、今の所は違法行為ではありません。違法ではないとはいえ、クレジット会社との契約では禁止されているほか、違法行為に相当する可能性もあるため、完全にシロであるとは言い切れない部分があります。

クレジットカードを作るときには、クレジット会社と利用者の間で使い方や利息などについて取り決めを行います。

これは契約というもので、契約を交わすとその内容は法律によって担保され、内容を守ることが義務となり、業者と利用者の双方が契約を守る事になります。契約自体が法律によって守られることになるので、これに違反することは法を犯すことと同じです。

違法行為ではないが不法行為になるクレジットカード現金化

クレジットカードを現金化する場合、換金をしようとする人には法の規制がないので、法律による罰則を受けることはありません。

これは、クレジットカードのショッピング枠現金化が違法ではないことが理由ですが、クレジット会社との契約には違反することになるので、不法行為になります。

違法行為と不法行為の違いは、違法行為の場合は法律や法令に違反する事で、基本的に法律違反をして刑事事件になるものを指します。不法行為もほぼ同じですが、刑事事件以外にも、法律違反をして民事事件になるものを指します。

クレジットカードの現金化は、クレジット会社と交わした契約に違反するため、刑事事件ではありませんが民事事件になり、違法ではなくとも不法行為であると言えます。

現金化が違法行為の可能性もまだ残されている

クレジットカードのショッピング枠換金は、詐欺や横領になる可能性があります。
ショッピング枠で購入した物の所有権は購入者ではなく、クレジット会社への返済が完了するまではクレジット会社にあり、購入者は使用できるだけの状態です。

所有権の無いものを売却すると横領罪、本来の目的で使用せずにお金を借りると詐欺罪になる可能性があるので、完全にシロであるとは言えないのです。

とりあえずはクレジットカードの現金化は問題なしと考えて良い

取締りの実例や判例がないので、現状ではクレジットカードのショッピング枠換金の利用はグレー状態です。100%安全とは言い切れませんが、現状では違法であるとして逮捕されるようなことはまずないので、その点では問題なしを考えても大丈夫です。

クレジットカード現金化なら即日くん
最大95%キャッシュバックが魅力の老舗現金化業者さんです。

クレジットカードを現金化するなら?5分でわかる優良業者の見分け方

クレジットカードの現金化をするときに一番気をつけなければいけないことは、現金化を請け負う業者が優良であることです。

クレジットカードの現金化は悪質業者に依頼すると悲惨なことになります。

現金化を求める人はすぐに現金がほしい多重債務者であることも多いため、悪質業者は弱みにつけ込んで過剰に低い換金率を押し付けてくることもあります。

悪質業者の中には詐欺まがいの行為を画策する業者もいるので、業者の質が優良であることは、クレジットカードの現金化において最低限の条件です。

悪質な業者に引っかかってしまうと、取り返しがつかないことになるので、優良店といわれる業者を見つけることがクレジットカードの現金化を良い形で行うカギになります。

優良現金化業者を探すなら「@クレジットカード現金化」です!

現金化の悪質業者を避けて優良店を見つけるのは意外と簡単です。

クレジットカードの現金化をするときは、現金化を専門に取り扱う業者を利用することになりますが、優良店と言われる所を利用することで、詐欺業者や悪質業者を避ける事ができます。

優良店を探すのはかんたんで、実績があり、長く現金化を取り扱っている業者を見つけるだけです。いまはネット検索で見つけることができるので、業者探しに困ることはありません。

具体的な優良店の特徴は、店舗がある、クレジットカードの現金化を取り扱っている期間が長い、実績が多くある、換金率が高い、換金率が明記されている、買取式やキャッシュバック式が選択できる等です。
説明がされることも重要で、優良店であれば利用時にリスクを含めた説明や、クレジットカードの現金化をした時に得られる現金がいくらになるかなど、細かく説明がされます。

特に現金化をした時に受け取れるお金がいくらになるかを数字で提示してくる業者は、ほぼ優良店と思って問題ありません。

クレジットカードの現金化で詐欺や悪質業者に遭わないために

クレジットカードの現金化を取り扱う業者は、換金率の差はありますが悪質な行為をしてくるようなことはほとんどないのですが、中には詐欺や手数料名目で換金率を実質的に低く設定する業者もいます。

このような被害を避けるには、

クレジットカード現金化で得られる最終的な金額を提示させることが必要

このことをしっかり覚えておいてください。現金化の優良店であればこれは普通に行われることなので、現金化でいくら受け取れるかを提示しない業者は利用しない事を徹底すれば、悪質業者に騙されることを防げます。

クレジットカード現金化はOK?悪徳業者ではなく正規の現金化業者へ