口コミで知る!失敗しないクレジットカード現金化

クレジットカード現金化

クレジットカードの使い方として、裏技的な方法がクレジットカードの現金化という方法です。

現金化といっても、クレジットカードを売ってお金を得ることではなく、ショッピング枠をお金に換えて現金を得る方法のことで、ショッピング枠の換金、またはショッピング枠の現金化とも言われています。

この方法はあくまで裏技であり、本来は避けるべき方法です。現金がどうしても必要で、すでにキャッシング枠が無いときや、キャッシング枠のないクレジットカードの活用手段として使う手段であり、常用するべきものではありません。

クレジットカードのショッピング枠を現金化することは、ときに大きなリスクをはらんでいることがありますが、使い方次第では現金化のリスクを大きく減らし、クレジットカードの利便性を上げることもできます。

クレジットカードを現金化して失敗する人々

クレジットカードを現金化しようとする行為は、通常であれば必要のないことです。キャッシング枠があればお金は借りることができ、信用があれば銀行などからもお金は借りられます。

クレジットカードのショッピング枠の現金化をしようとする人は、その多くが多重債務者か、キャッシング枠が無い、あるいは限度いっぱいに使っている人です。消費者金融や信販会社、なかには闇金への返済にあえぎ、選択の余地がなくなっていく人々が取る方法でもあります。

借金の返済に追われる人の場合、すぐにでも現金がほしいがために失敗するケースがあり、騙される、手元にお金が残らないということも十分にあるものです。

クレジットカードを現金化して失敗した人の口コミ例

クレジットカードのショッピング枠を現金化しようとして失敗した人の口コミには、以下のようなものがあります。

  • ショッピング枠30万を業者で換金して受け取れたのは5万だけだった
  • 後から手数料30%と言われ、残高10万で現金化できたのは2万円
  • クレジット会社にバレて利用停止になった

他にもたくさんの失敗した口コミがありますが、クレジットカードの現金化に失敗する人の多くは、業者選択が主な原因です。

クレジットカードの現金化は一部の業者が行っているもので、具体的な方法はまず業者からショッピング枠で商品を購入したように見せます。そして、購入した商品ではなく購入金額の一部を現金として受け取るというものです。受け取れる現金は業者が定めている換金率によって変わります。

換金率は得られる現金に大きく影響します。

業者選びは換金率が重要になりますが、広告などで見る換金率と、実際の換金率が違うケースや、別に手数料が天引きされるケースもあるので注意が必要です。

業者でショッピング枠の現金化をすると即日で完了するので、急いで現金が必要な場合は利点も多く、急場しのぎには十分な効果を持ちますが、リスクの完全な回避は難しいものです。

クレジットカードのショッピング枠を現金化した時のリスク

利用停止や強制退会

ショッピング枠を現金に変える行為は、クレジット会社が禁止しています。
規約違反になるので発覚すれば利用停止や強制退会になることがあり、そのクレジット会社の発行するカードの再契約は絶望的になります。

多重債務の解決にならない

多重債務者など、お金に困っている人がクレジットカードのショッピング枠を現金に変える場合、根本的な解決にはなりません。
多重債務に陥り返済ができない場合は、任意整理や自己破産などを選択した方が、後々のためになります。

借金であることに変わりがない

現金化は借金であることも忘れてはいけない事です。
業者の換金率が90%の場合、10万円分の枠を換金した場合は9万円の現金を得ることが出来ます。
そのかわり、クレジット会社への返済は利用した10万円と利息なので、キャッシングと比べると負担が増えます。

クレジットカードのショッピング枠を現金化するメリット

クレジットカードのショッピング枠を現金化は、ショッピング枠でお金を借りられるという事です。

審査が厳しいとされるキャッシング枠に頼る必要がないので、主婦や学生でも取得しやすいショッピング枠のみのクレジットカードを作っても、現金化を使えばお金を借りることができます。

審査の甘いと言われているクレジット会社でショッピング枠のみのカードを作れば、キャッシング枠よりも使える現金は少なくなりますが、現金を借りられるようになります。

クレジット会社の規約に触れるというリスクがあるので常用はおすすめできませんが、上手く使うことができれば、キャッシング枠のないクレジットカードも使い勝手が良くなります。

最近は現金化を行う業者も利用停止リスクの回避をしているので、きちんとした業者であれば利用停止になりリスクも最低限に抑えられます。

積極的に使える方法ではありませんが、使い方次第では生活の助けになります。

コメント