簡単でも難しい?現実的ではない自分で行うクレジットカードの現金化

クレジットカード現金化

クレジットカードのショッピング枠は、現金化を請け負う業者を利用するとすぐにお金に変えることができますが、規約違反にあたるために発覚すると利用停止や強制退会といったリスクを伴います。

これを回避するには、自分でショッピング枠を現金化するしかありません。
自分で現金化する方法はやり方次第でクレジット会社の利用規約に触れないため、利用停止や強制退会などのリスクが回避できます。

クレジット会社の利用規約に違反しないショッピング枠の現金化

クレジット会社の利用規約では、ショッピング枠を現金化することが禁止されていますが、契約者が実際に商品を購入していれば問題ありません。

商品の購入に使用していれば良いので、購入した商品をすぐに売却してもクレジット会社の規約違反にはならず、利用停止などのリスクは完全に回避できます。

実は現実的ではない自分で行うクレジットカード現金化

自分でクレジットカードのショッピング枠を現金化するときは、何を買うか、買ったものをどうやって売るかで換金率と現金を得るまでの時間というリスクが発生し、リスクの大きさも変化します。

何を買うかという部分は、換金率と売れやすさに関係します。
売れやすく、高く売れるものを買わないと、換金率が低くなり意味がありません。

どう売るかは、現金を得るまでの時間と換金率に関係します。

売る方法はリサイクルショップかオークションが主ですが、リサイクルショップでは買取額が安いので、オークションを利用することになります。
オークションは売れないことや、入金まで1~2週間ほどの時間がかかるというデメリットがあります。

この2つのリスクを受け入れられるのなら良いのですが、そうでなければ自分でクレジットカードの現金化を行うのは現実的とは言えません。

面倒ならクレジットカード現金化業者を使う方法もある

完全な自力ではありませんが、クレジットカードのショッピング枠を現金化する業者の中には、指定した品物を購入してくると高額で買い取る、またはキャッシュバックという形で換金している所があります。
この方法だと換金率が95%を超える事も多いので、現実的なショッピング枠の現金化ができ、即日対応なのですぐに現金を得ることができます。

クレジット会社にもほぼバレることがない方法なので、利用停止などのリスクもなく、安全にショッピング枠の現金化が可能です。

コメント