高齢者のクレジットカード現金化依頼が増加傾向にある昨今

クレジットカード現金化サービスを利用する年齢層や性別って気になりませんか?一昔前までは、20代~50代の男性が圧倒的な割合を誇っていました。しかし、昨今、女性の理由が増えてきてます。これはクレジットカード現金化業界だけの話ではなく、カードローンなり、キャッシング業界も一緒の現象となっています。さまざまな理由が考えらえますが、大きな要因として女性の社会進出が多くなったことが挙げられているようです。さて、そんな中、高齢者も利用する人が多くなってきたとのことです。テーマは「クレジットカード現金化と高齢者」となります。

高齢者の利用が増加傾向にあるクレジットカード現金化サービス

冒頭のお話の繰り返しになりますが、高齢者のキャッシング・カードローンサービスの利用が多くなってきています。そして、クレジットカード現金化業者にも、その波は来ているようです。高齢者からの依頼が増加傾向にあることが体感できるほど増えています。

年金だけでは苦しい人が大勢いる

では、なぜ高齢者はクレジットカード現金化のサービスを利用するのか?理由は至極単純で、生活していくお金がないからです。しかし、お金を借りるということには大きな抵抗を覚える人が多い年代でもあります。その結果、借りるわけでもなく、むしろ購入して売ってお金にしたという事実になるため「借りてる感」がなく、ハードルを下げているといえるでしょう。業界にとっては、ありがたい話ではありますが、あまりにも大きな額の換金に関しては慎重に対応をしているようです。

生活保護の活用はプライドが許さない

クレジットカード現金化サービスを利用するぐらいであれば、生活保護の申請をして最低限の暮らしができればよいと考えても不思議ではありません。まさにその通りなのですが…一部の高齢者に聴くと「プライドが許さないから生活保護は受けない」と回答する人も多いです。やはり生活保護には後ろめたい気持ちが強い年代なのかもしれませんね。

子供の世話にもなりたくない気持ちも強い

生活保護の申請はプライドが許さないから、貧困であっても頼りにしないという人は、総じて子供の世話になることも強く嫌がります。となれば、もう八方塞がりになってしまうわけです。しかし、最終的には折れて頼りにして生きていく形を取る人も多いようです。それでも「一緒に住みたくない」となったときに、いよいよクレジットカード現金化業者が登場してきます。やはり、クレジットカードさえあれば、まとまった額を手にすることができるため、間違いなく活用することができるわけです。

クレジットカード利用停止になりにくい業者はありがたい存在

高齢者が所有しているクレジットカードは、まだ働いているころに発行したものの可能性が高いです。年金生活の収入だけでは審査に通らないことも多いため、手持ちのクレジットカードでしか現金化ができないわけです。これが、なくなってしまえば、いよいよ大ピンチになってくれるわけす。

クレジットカード発行ができない状況のため慎重さが重要

ということは、クレジットカード現金化業者のように、クレジットカード会社にばれないように現金化をしてくれるところを探さないといけません。ここで利用停止措置を取られてしまうと、現金化できるアイテムを失ってしまうことと同じ意味になってしまいます。石橋を叩いて叩いて渡っていかないといけないことが理解できます。

支払える程度の現金化をすることが重要になる

注意点としては、やはり「支払い」になります。お金を借りて分割払いをしていくわけではないため、次月には丸々現金化したお金が請求されることになります。あまりにも大きな額だと支払いうこともできなくなってしまいます。このような背景もあり、老人が現金化サービスを利用する場合は、細心の注意を払わないといけないわけだ。
ただ、本当に厳しい場合、しあらった後でも、リボ払いや分割払いに変更することができます。あくまでも最終手段のため、簡単に使わないように注意する必要があります。ただの借金と同じのため、計画的な返済が重要になってきます。なかなか理想と現実のギャップにゲンナリしてしまう人もいるほどです。

まとめ:高齢者を一時的に救済ができるサービスではある

お金に困ってしまった高齢者を一時的に救済ができるサービスがクレジットカード現金化業者ということができます。もちろん、お金を高齢者へ上げたわけではありません。次月にはクレジットカードの請求として現金化したときに支払ったお金が徴収されることになります。したがって、その場しのぎになってしまいますが、それでも少しの間、つなぐことができるメリットもあります。この間に、恒久的な対策を考える時間ができるわけです。高齢者にとって100点満点のサービスではないかもしれませんが、高齢者を救っていることもまた事実です。だからこそ、上手なサービス利用が重要になってきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました